<   2008年 08月 ( 8 )   > この月の画像一覧

2008年8月31日 田辺


樹と気

お伊勢さんへ行って参りました。
樹に、包まれてきました。

無理な力が加わって
どんどん違う方向にねじれてく頭を
正しい向きにゆるめてくれる、
そんな風に楽にしてくれる、
気が、しました。

「樹は大地が天空に天空に書いた詩である。」
      カヒル・ギブラン

そんな一説ではじまる一冊、
<樹(バウム)>
よかったら、手にとってみてください。


f0131561_19553618.jpg

[PR]
by gf-shop | 2008-08-31 19:57

8月26日 宮田

南から届いた生命力

8月のグリーン工作室では、東南アジアの植物が主役となりました。
沖縄のウコンと、スパイス・ハーブをたっぷりといれていただいたのは、インドネシアのジャムゥ。
草木編みのマットの材料は、沖縄やマレーシアなどで育つアダン(パンダナス)の、長いすらりと伸びた葉です。
強いけれどもしなやかな葉の感触は、活けるのではなく編むことで、手が覚える感覚。南国の葉が持つバイタリティーは、触った指先からも伝わってきました。

その夜、偶然にも、いただいたもの。
沖縄のドラゴン・フルーツ。
f0131561_23541685.jpg

そして翌朝、花市場で遭遇したのは、アダンの実。

夏は過ぎてゆこうとしていますが、心は南へ...
f0131561_23583346.jpg
[PR]
by gf-shop | 2008-08-27 00:05

8/23 長谷川


福岡正信さん
f0131561_22215373.jpg
8月16日にお亡くなりになった。95歳だった。
先日、安珠さんのブログで知ったのだ。

その、福岡さんがどのような人かというと・・・
自然農法を提唱し、世界各国で砂漠緑化などに取り組んだ方。

私が知ったのは15年ほど前。そのとき読んだ福岡さんの著書「わら一本革命」
に感動した。
特に樹木や果樹などの約100種の種を粘土に混ぜてつくる特製の「粘土団子」は
すごいと思った。
これを砂漠地帯に撒くとそこに対応できる植物が芽吹き育って行く。
一種類の植物だけで緑化するよりも効率的だ。

今でこそいろんな自然農法があるけれど、その当時はほかにあまりなかった気がする。
福岡さんの農法は米や野菜作りにおいていかに人の手を省き、自然の力にゆだねるか
を追究。土を耕さず無肥料・無農薬・無除草で作物を育てることを特徴とする自然農法。
色々な国の人が研修にきていたようだ。

残念ながら私は福岡さんの講演会に行く機会がなかったのだが・・・

この機会にもう一度「わら一本革命」を読もうと思って本棚を探したがみつからなかった。
以前、誰かに貸してそのまま紛失してしまったらしい。
でかわりに、本棚にあった「自然を生きる」という対談集を読み返してみようと思う。

ご冥福を祈ります。
[PR]
by gf-shop | 2008-08-23 22:26

8/15ショップ青木

f0131561_18503291.jpg
小夏っちゃん

先日、発売した「土佐小夏」は、すでに人気もの。本日、果実も入荷しました。
想像した大きさよりかなり小さかった。
f0131561_18521396.jpg

竹籠の中の小夏っちゃんに魅せられ、足をとめて香りを試されるお客様も多く・・・

シトラス系の絶妙な香りが暑さで疲れた体にやさしい・・・

本日より「土佐小夏」エッセンシャルオイルをお買上げのお客様に小夏(果実)を
プレゼントいたします。
数に限りがございますのでお早めにどうぞ。
[PR]
by gf-shop | 2008-08-16 19:45

8月10日 池内

夏を涼やかに・・・

日射しに、オリンピックに、あついあつい毎日ですが
クーラー漬けは 夏バテ、不調の原因になりますよね
暑がりな私ですが、クーラーは苦手。
自然の涼を求めたいところですが、都会ではなかなか難しいのが現実。

グリーンフラスコ自由が丘店では、みなさんに
体に優しい「涼」の提案をしています。
f0131561_15561787.jpg
新発売の「ハーブ屋さんの紅茶」
夏は水出しで抽出すると、カフェイン・タンニンが溶け出さないのでまろやかな味わいに!500mlの水に対し10gのニルギリで2-3時間抽出すればできあがり!


f0131561_15541592.jpg
夏はハーブをICEで!
手軽な清涼飲料水の糖分の悪影響がいろいろささやかれています。ハーブティにはアイスでもおいしく頂けるものがたくさん。ハーブの持つ抗酸化作用で紫外線対策、アンチエイジングも期待できるからぜひお試しを!







日本のならわし
浴衣・打ち水・すだれ・かき氷・風鈴・団扇・・・夏を涼やかに過ごす知恵がいっぱい。
8/9.10にショップで行われた「夏をひんや〜り大作戦」では、スタッフも
しとやか風(?)に変身!
ためしてみるとなるほど!と実感! 浴衣はおもっていたより涼しく、
背筋がしゃんとして。風鈴の音色はなんとも可憐で涼やかで・・・音から涼を
かき氷は一口でもすーーーっと体が冷えてさわやかに。
ご来店のみなさまにも大好評でした!f0131561_1552042.jpg
f0131561_15534879.jpg


暑い日こそ自由が丘店にいらして、涼を感じてください!
[PR]
by gf-shop | 2008-08-10 16:11

2008年8月7日 田辺

夏の食事

暑さで食欲が落ち、油断していい加減な食事をとると、あっという間に夏バテ。。
そんなとき、頼りになるのが各種スパイスです。

先日押上にあるカレー屋さんに行きました。
まず最初に頼んだ手作りジンジャーエール。
「辛いのでお水もどうぞ」と出されたそれは、
ひとくちでツーンと鼻の付け根まで刺激的!
ひと口もうひと口と、もうどうにもとまらないのです。
前菜の1品1品にも、シンプルに上手にスパイスが利いていて美味。
クミンと人参の相性のイイコト〜♪
ここまで、生姜と各種スパイスのおかげで消化促進!食欲増進!
絶好調のままメインのカレー(これまた絶品)、さらにデザートへと進み、
最後まで、それはそれはおいしくいただきました。

暑い夏、不眠や疲れから免疫が落ちやすいこの時期。
こんな時こそ好きなものおいしものを探して、毎度の食事を楽しみたい。
初めてそのお店を訪れた3日後、またそこでカレーを食べてるワタシがいました♪
手始めに、しょうがパウダーを使った手作りジンジャーエール!
試してみようと思います。

お店の前にはこんな素敵な水琴があります
 ↓
f0131561_1058086.jpg
[PR]
by gf-shop | 2008-08-05 18:05

8月4日 池内

バリガムラン演奏&茶話会 ご来場ありがとうございました

8/2(土)、暑い中たくさんの皆さんにご来場いただき、グリーンフラスコ自由が丘店のイベント、「スピリチュアル・ヒーリング〜ガムラン演奏と茶話会」が行われました!
f0131561_14304385.jpg
会場はバリのスピリットをイメージしたオリジナル精油、「spirit of BALI」の香りに包まれ、第一部の茶話会ではバリの植物療法ジャムウにならったスパイスティーを飲みながら、グリーンフラスコ代表、林真一郎によるバリ島のエピソードや植物療法話に、みな熱心に耳を傾け、時々脱線する話に笑いも起こり、なごやかな雰囲気で・・・

f0131561_14315779.jpg








f0131561_14394225.jpg



二部のガムラン演奏会は、1Fショップ内で行われ、ほとんどが立ち見、店内ぎっしりという状況の中、曲間には前後を入れ替わるなど会場一体、友好協力体制でバリの不思議な音色に聴き入っていました。
日本のガムラン界の第一人者、皆川厚一さん、濱元智行さんの息のあった演奏は、聞こえない音(人が音として認識できない高周波の音域)のせいか、浮遊感すら感じるなんとも心地よいものでした。
f0131561_14383462.jpg
ガムランに興味のある方も多く、演奏後にはいろいろ質問が飛びかいました

狭い会場でありながら、皆さん最後まで参加いただき、ありがとうございました。
イベントを通して体験し、感じた何かが、みなさんの暮らしの中で何かのはじまりに繋がれば・・・と思います。

スタッフはバリ風スタイルでお出迎え!f0131561_14523764.jpg
[PR]
by gf-shop | 2008-08-04 14:53

8月3日 宮田

手仕事の楽しみ

偶然たどりついた記事の中で、草木編みのワークショップがあることを知りました。
沖縄に自生する植物から生まれる暮らしの道具は、写真からも素朴な魅力が伝わってきます。

草木編みの名人、星公望さんは西表島に生まれ育ち、島のこどもたちから「のーじ」と呼ばれて慕われているそうです。自然の中から材料を採取する喜び、植物からつくる楽しさをこどもたちに伝えたいとワークショップを行っています。
私が参加した葉山『Life tree』での開催は初めてで、大人向けのものでしたが、誰もが無邪気に声をあげ、夢中になって手を動かしました。乾いた草の葉の懐かしいようなにおいにつつまれながら、よい時間が流れていきました。

星さんがブレンドしたという薬草茶も、すべて島に自生する植物です。長命草、ハトムギ、マツリカ、レモングラス、ウコン、アカメガシラ、ゲットウ、ホオヅキ、アオキ、グァバ。10種の植物の力がぎゅっとつまったお茶でした。

草木編みの材料のアダンやクバ、そして薬草茶。すべては星さんの手が刈り、摘んできたもの。「たぁくさんあるんだもの」というけれど、その恵まれた自然を生かした道具作りをつないでいこうという人は少ないそうです。自分の手を動かさずとも、簡単に欲しいものが手に入る、ということでしょうか。

真っ黒に日焼けして、ごつごつと分厚い星さんの手からは、信じられないくらい繊細なかごや、小さなおもちゃも生まれます。どんな小さなきれはしも、最後まで感謝して使う様子も伝わってきました。
生活のすべてを真似することはとうていできませんが、手仕事の楽しみをしっかりと記憶して、私からまた誰かへ少しでも伝えられたらと思っています。


グリーン工作室、8月は夏草を編み、薬草の滋養をいただきます。
都会の夏の中にも自然の恵みを呼び込みましょう。

                        


f0131561_2232441.jpg
[PR]
by gf-shop | 2008-08-03 22:43